羽子板の展示場の照明をコンパクトにすることでコストパフォーマンスを高める

日本の誇れる文化のひとつである羽子板はお土産としてとても人気があります。
先日考えたのですが、展示場の照明をもっとコンパクトにしたほうが
コストパフォーマンスが高まるはずです。
なぜなら、羽子板を明るくする照明は角度を工夫すればいいからです。
まぶしくなるほどに明るくする必要は全くありません。
そうすれば、日本文化の奥ゆかしさも伝わるでしょうし、海外の観光客にもアピールできます。
羽子板は華やかでなくてもいいと考えています。
陰影の美しさといいますか、派手さではないところに光をあててほししですね。
そうすれば、展示場全体としてのコストパフォーマンスが高まるのではないでしょうか。
日本の地味だけどすごい部分にスポットをあててほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by: Wordpress